葬儀の歴史

トップページ > 葬儀の歴史
葬儀の歴史/豆知識
葬儀の歴史
歴史上初めての葬儀跡と言われている物が、イラク北部にあるシャニダール洞窟で発見されています。 そこでは約6万年前の28体のネアンデルタール人の骨が見つかっており、骨の周りからは、洞窟には生息しない花の花粉が見つかったと報告されています。 このことから、死者を弔うために花を死体の周りに添えたと解釈されています。 シャニダール洞窟
洞窟内での埋葬イメージ
甕棺墓(かめかんぼ) 日本でも、葬儀は旧石器時代にはすでに行われており、弥生時代には、穴を掘ったり、石を置いたりする「墓」が登場してきます。 しかし、この段階では、一般庶民が墓に埋葬されるという習慣はあまりなく、墓は身分の高い特権階級のものであったと考えられます。
支石墓(しせきぼ) 今日のような仏教形式の葬式が、一般的な葬式の形態として認知されるようになったのは、江戸時代に入ってからでした。
日本における火葬の歴史
火葬自体は、約1300年前から行われていたようですが、それは皇族や一部の僧侶によって行われており、庶民の間では土葬のほうが一般的でした。 そのような状況を変えたのが、明治政府でした。 明治時代の葬儀
政府は、埋葬地を限定し届け出制にしたり、衛生上の問題から都市部での土葬を禁止しました。そのことから、都市部を中心に次々と火葬場が建設され、火葬率は上昇していったのです。
今日のような仏教形式の葬式が、一般的な葬式の形態として認知されるようになったのは、江戸時代に入ってからでした。
世界の火葬率

今日では、世界的に見て、日本における火葬率は世界一の99%となっていて、次いで台湾90%、香港89%、スイス85%となっています。 対して、アメリカは40%、ロシア38%、イタリア13%、アイルランド11%となっています。 それらは、宗教的な風土の違いによるものと考えられます。

日本の葬祭業

葬儀は近親者が執り行なうのが基本ですが、大量の事務処理をこなさなければならない上に、頻度が低い行事のため、一般人のみで行なうのには限界があります。そこで、葬祭をサポートするサービス業として、葬祭業あります。事業免許はなくだれでもはじめられますが、遺体、宗教、関連法規など多岐にわたる知識が要求されます。 設営、司会、進行には専門知識が必要であり、従事する者の技能を審査する、「葬祭ディレクター技能審査」が厚生労働省の認可の下で実施されています。

彩郷葬祭株式会社

葬儀は家族の絆を改めて感じる大切な時間です。 彩郷葬祭では絆を何よりも大切だと考えお手伝いさせて頂いております。

葬儀に関することならどんな小さな事でもご相談下さい。

私たち彩郷葬祭は、みなさまの不安や心配に丁寧にお答えします。 お葬式に対して少しでも心配なことがあればご相談下さい。 葬儀についてのご相談を頂いてもこちらから営業を行うことはありません。

123

ご葬儀の費用に関して

葬儀にはいったいいくら費用がかかるのか?彩郷葬祭では、プランごとの葬儀費用を明確にお伝えしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。また、当ホームページでも自動お見積が行えますのでご利用下さい。

ご葬儀の費用に関してはこちら
ご葬儀の費用に関して

さまざまな葬儀をお手伝いさせて頂きます。どんなことでもご相談下さい。フリーダイヤル0120-76-1194

葬儀費用・簡単見積り

葬儀費用の簡単な見積りを

ご自身で作成することができます。

お見積り
葬儀・仏事〜よくあるご質問〜

ご葬儀の流れ、必要な準備、

その後の事などお客様から

寄せられる疑問を解決。

ご質問
葬儀式場

掲載されていない葬儀式場をご希望の場合でもお気軽にお問合せ下さい。

葬儀対応地域
葬儀対応地域

川口市を中心に、関東全域のご葬儀に対応いたします。お気軽にお問合せ下さい。

お葬式の基礎知識
葬儀・仏事〜用語辞典〜

知っておきたい、

葬儀、仏事に関する用語辞典。

葬儀、仏事用語辞典
葬儀・仏事のマナー

知っているようで知らない

葬儀、仏事のマナー。

葬儀・仏事のマナー
〜豆知識〜葬儀の歴史

人類最古の葬儀跡、世界の火葬率など、

以外と知らない豆知識。

〜豆知識〜葬儀の歴史
川口市の市民葬

市民葬って何?

川口市の市民葬について

ご案内します。

ご質問
携帯サイト
123
会社案内

彩郷葬祭株式会社

埼玉県川口市戸塚鋏町23-3

電話:0120-76-1194

会社案内

ページトップへ