「家族に心配かけたくない」という思いから「いつまでも、みんなの心に生きたい」という思いまで

トップページ > 葬儀Q&A
よくあるご質問

葬儀・仏事に関して、特に初めての場合は、分からないことばかりだと思います。ここでは、お客様より寄せられる様々なご質問にお答えいたします。

無宗教でもお葬式はできますか?

決まった宗教をもたない、お寺とのお付き合いがない場合、特定の宗教宗派によらない方式でもお葬式はできます。この方式を「無宗教葬」または「自由葬」とよばれることもあります。  無宗教葬は定まった方式がありませんから、遺族の方も参列する方も慣れていないのでとまどうことが少なくありません。
無宗教葬をして困るのは、むしろお葬式の後かもしれません。仏教では仏壇があったり、四十九日があったりしますから、お葬式後の弔い方が慣習として定まっていますが、無宗教には定まった方式がありません。遺族の方は、このことで苦しむ方もいます。彩郷葬祭では、式後の事まで含め親身にご相談させていただきますのでお気軽にお問合せ下さい。

お布施の金額は、どのくらい包めば良いでしょう?

初めてお寺に頼む方、檀家さん、檀家さんであってもそのお寺のお付き合いによって様々です。お布施とはお寺に支払う謝礼をさします。故人の冥福を祈る気持ちは、なかなか金額に換算できるものではありませんが、お布施も、およその相場を頭に入れておけば、いざという時に落ち着いてお寺にお経、戒名を依頼できるかも知れません。

家族が亡くなったら、まずどんなことをしなければならないでしょうか?

とにかく近親者に通知して集まってもらいます。また親しい間柄の人にも至急連絡します。喪主を選定、世話役の選任、葬儀の形式の決定など決める事が沢山あります。
ご不幸時には、どうしても判断力が低下してしまいます。そこで、遺されたご家族は悲嘆に暮れる中で葬儀社任せの進行で葬儀を執り行い、心情や価値観を伝えられないばかりか、本来は不必要なものにまで出費をするなどという事も起こりうるのです。彩郷葬祭では、そのような事が起こらない様に、生前予約などのご相談を承っております。是非、お気軽にご相談下さい。

香典の相場は?

一般に香典の相場は、近所の人の場合で3~5千円程度、一般は5千~1万円、深い付き合いの方は2~3万円程度。親戚は3~5万円程度、兄弟や親の場合には5万円以上と言われています。ただし、これらはあくまで「相場」であって、個々の事情によって変わるのは言うまでもありません。また、葬儀後の会食(仕上げ、お斎などいろいろ言われますが)に出るか出ないかでも変わってきます。

いい弔辞とは?

長くなり過ぎないように、印象深いエピソードを交えながら、ゆっくりはっきり話すのが良いでしょう。一般的に弔辞の一人に与えられる時間は5分程度です(400字詰め原稿用紙で2枚程度)。
弔辞は、遺族や会葬者に「共感」を伝えるということが重要です。そのためにも「故人のイメージ」を鮮明に出す必要があります。中心はあくまで故人なのです。そして最後は「共感」を伝えることで終わるといいでしょう。難しい言葉遣いは不要です。皆に伝わるように話すことが大切です。

自宅に遺骨を保管するのは?

かつては四十九日までは手元に置いて供養し、四十九日が過ぎたら納骨するという慣習がありました。それは、ご家族の気持ちに区切りがついたとするならばという前提がありました。ですので、気持ちの区切りなど、ご自分が納得するまでご自宅に置いておいてかまいません。法律上では遺骨を他人に預けるのであれば預け先は納骨堂になりますが、ご家族がご自宅に保管するのは問題ありません。期限上の制限もありません。

自由葬とは?

「自由葬」は一般に「無宗教葬」と同じ意味合いで使用されることが多いようです。つまり葬儀を行う形式として「特定の宗教宗派にとらわれずに自由に行うこと」を意味します。宗教儀式を行わないということですから、形式も祭壇の飾りも自由ということになります。祭壇を飾るかどうかも自由ということになります。

家族葬とは?

「家族葬」とは90年代に登場した新しい言葉で、「いろいろな人に葬儀の案内をしないで、身内だけでするお葬式」と定義できるでしょう。「遺族のみ(数人~10人程度)」「遺族+親戚(20~30人程度)」「遺族+親戚+故人と親しかった人(30~80人程度)」のようなタイプが多いようです。また、家族葬の場合には、後日、友人や関係者を招いて「お別れ会」を開催することがあります。

戒名とは?

仏教では仏弟子にするときに授ける名前のことで、出家したときに僧侶につけられる名前が戒名でした。 中世に、僧侶にする儀式を模して在家(一般の信者)に対する葬儀法が形作られたため、戒名を授けるようになりました。

戒名を自分でつけてもよいか?

「戒名」は「仏弟子としての名前」ですので、檀那寺の住職に付けてもらいたいものです。戒名は、一般的には死後に授与されていますが、仏弟子に連なるという意味からすれば生前に授かるのが本来的ですので、生前に戒名をいただくのは決しておかしなことではありません。住職に自分の生き方をよく説明し、希望の文字があれば伝え、生前に戒名をいただいておくのがよろしいでしょう。

直葬(ちょくそう)とは?

葬式をしない葬儀の形態。死亡後、斎場や遺体保管施設に24時間保管した後、いわゆる葬式をしないで直接火葬に処す形態の葬儀。都市部に多く、東京では20~30%、全国平均でも10%程度あります。日本では「火葬のみの葬儀」は昔からありましたが、それは身元不明者や生活保護の受給者の葬儀で「福祉葬」と呼ばれました。

散骨とは?

「焼骨(火葬された遺骨)を粉末状にして、墓地または墓地以外の場所に撒布すること」を「散骨」と言います。散骨は法律的に明文化されてはいない為、届け出たり、許可を受ける必要はありませんが、「遺骨を粉々に砕く」「他人が嫌がらないような場所に撒く」「環境汚染にならないように注意する」などの節度が問われます。

お墓を移す手続き

(1)現在のお寺に埋蔵証明書を発行してもらいます。(2)現在のお墓のある市区町村役所へ改葬許可申請書を提出し、改葬許可証を得ます。(3)新しく移る墓地に改葬許可証を提出します。埋蔵証明書、改葬許可証はお墓に入っている人数分必要です。また、移転先の受入証明書の発行を求められる場合もあります。

火葬の期限は?

法律的には、いつまで火葬をしなければいけないということは決まっていませんが、常識的な期限はあると考えるべきでしょう。日本遺体衛生保全協会では、死者祭祀が充分に行われる期限、四十九日の慣習等を考慮し、自主基準で50日以内と制限をつけています。

自宅の庭に散骨は?

散骨には「遺骨を粉々に砕く」「他人が嫌がらないような場所に撒く」「環境汚染にならないように注意する」などの節度が問われます。この節度の観点から、たとえ自宅とはいえ、近所の人の感情を考慮する必要があるでしょう。また、その家が将来にわたって保持されるのか否かの判断も問われます。また、散骨の上に土をかけると「埋蔵」になりますから、埋蔵するならば墓地でなければなりません。墓地は許可を得た場所でなければならず、自宅を墓地とすることはできません。

立礼焼香の仕方

(1)数珠は左手に持ち、遺族、僧侶に一礼してから焼香台の方に静かに進みます。(2)焼香台の前で一度合掌します。 合掌の際は、 数珠を持った左手に空いている右手を添えるようにして(宗派によって異なります)手を合わせます。(3)抹香を右手の親指・人さし指・中指、の三本の指でつまみ、頭を垂れて目を閉じながら額のあたりの高さまで捧げます。抹香を静かに香炉の中に落とします。これを1~3回繰り返します。(5)焼香が済んだら、もう一度合掌します。遺影の方を 向いたまま3歩下がり、僧侶・遺族に一礼をし自分の席に戻ります。

喪主の決め方

喪主は原則として跡取り(遺産継承者)または、祭祀継承者がなります。祭祀継承者とは、故人の遺骨を仏壇やお墓で管理しお祭りする人です。古来よりこれを行って来たのは長男でしたが、現在では、伴侶に当る人がなる場合も増えてきています。

遠方からの参列者に、お車代は必要か?

葬儀においてはそのような習慣はありませんが、こちらから弔辞などで参列をお願いした人に対して用意することは考えられるでしょう。

火葬場への行きと帰りで違う場所を通るのはなぜか?

死者が戻ってこないように、違う道を通って分からないようにするという迷信が、伝統として伝わっているのが理由です。

忌引は親族のどこまでが当てはまるのか?

官公庁服務規定によると、配偶者10日、父母7日、子5日、祖父母3日、兄弟姉妹3日孫1日、伯父伯母1日、配偶者の父母3日、配偶者の祖父母1日となっています。

通夜での服装は?

喪服とは本来、喪家(遺族)が着用するもでしたし、通夜の晩はまだ「生きている」とみなす習俗があったため、遺族ですら平服なのが常識でした。 現在では、仕事の関係などで葬儀に参列できないなどの理由から、通夜にだけ参列する場合に、喪服を着用するケースも増えています。しかしながら、本来の意味でいえば、地味な平服でもかまわないということになります。

密葬とは?

近親者(血縁だけではなく、とても親しい人も含む)以外には連絡しないで行われる葬儀のことです。対外的な意味合いでの葬儀(本葬)を、後日に執り行う場合もあります。バブル崩壊後は、派手な葬儀を嫌い「密葬」を選ぶ人が増えてきました。また「密葬」の響きが暗いイメージがあるため、それにかわる言葉として「家族葬」などとも呼ばれるようになりました。

社葬とは?

会社の社長や会長、また功績のあった人が亡くなったとき、全社を挙げて行う葬儀で、会社が運営と費用負担を行う葬儀のことです。社葬は、一般的な葬儀に比べ会葬者数が多く、おおむね大規模な葬儀が執り行われます。

社葬で香典は受けとる?

「社葬」は会社が運営と費用負担を行う葬儀のことであり、参列する人は故人を弔い、遺族へ弔意を表明する意味では、一般の葬儀と変わりがないわけですから、遺族が香典を受けとることは自然です。しかし、会社が受け取り、会社の名で香典返しをするケースが増えるなどしたため、そのような面倒を回避して「香典辞退」とした例が多くなりました。

彩郷葬祭株式会社

葬儀は家族の絆を改めて感じる大切な時間です。 彩郷葬祭では絆を何よりも大切だと考えお手伝いさせて頂いております。

葬儀に関することならどんな小さな事でもご相談下さい。

私たち彩郷葬祭は、みなさまの不安や心配に丁寧にお答えします。 お葬式に対して少しでも心配なことがあればご相談下さい。

埼玉県、川口市・さいたま市・越谷市を中心に安心の実績でご愛顧いだいております。葬儀についてのご相談を頂いてもこちらから営業を行うことはありません。

123

ご葬儀の費用に関して

葬儀にはいったいいくら費用がかかるのか?彩郷葬祭では、プランごとの葬儀費用を明確にお伝えしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。また、当ホームページでも自動お見積が行えますのでご利用下さい。

ご葬儀の費用に関してはこちら
ご葬儀の費用に関して

さまざまな葬儀をお手伝いさせて頂きます。どんなことでもご相談下さい。フリーダイヤル0120-76-1194

葬儀費用・簡単見積り

葬儀費用の簡単な見積りを

ご自身で作成することができます。

お見積り
葬儀・仏事〜よくあるご質問〜

ご葬儀の流れ、必要な準備、

その後の事などお客様から

寄せられる疑問を解決。

ご質問
葬儀式場

掲載されていない葬儀式場をご希望の場合でもお気軽にお問合せ下さい。

葬儀対応地域
葬儀対応地域

川口市を中心に、関東全域のご葬儀に対応いたします。お気軽にお問合せ下さい。

お葬式の基礎知識
葬儀・仏事〜用語辞典〜

知っておきたい、

葬儀、仏事に関する用語辞典。

葬儀、仏事用語辞典
葬儀・仏事のマナー

知っているようで知らない

葬儀、仏事のマナー。

葬儀・仏事のマナー
〜豆知識〜葬儀の歴史

人類最古の葬儀跡、世界の火葬率など、

以外と知らない豆知識。

〜豆知識〜葬儀の歴史
川口市の市民葬

市民葬って何?

川口市の市民葬について

ご案内します。

ご質問
携帯サイト
123
会社案内

彩郷葬祭株式会社

埼玉県川口市戸塚鋏町23-3

電話:0120-76-1194

会社案内

ページトップへ