「家族に心配かけたくない」という思いから「いつまでも、みんなの心に生きたい」という思いまで

トップページ > 葬儀・仏事用語辞典
葬儀・仏事用語

普段あまり使わない葬儀用語は、聞いたことがあっても、その意味までは分からないものが沢山あります。いざという時に慌てないためにも、是非知っておきたいものです。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

後飾り(あとかざり)

火葬場から戻ってきた遺骨を、安置する祭壇のこと。 二段か三段の作りにすることが多く、上段に遺骨を置き下段には遺影・位牌・香炉・燭台・線香・花・供物・鈴などを置きます。四十九日の忌明けまで焼香して故人の冥福を祈ります。

遺影(いえい)

死者の写真、または肖像画。

遺骨(いこつ)

火葬して骨になった亡き骸。

一周忌(いっしゅうき)

人が亡くなって1年目の日、命日のこと。その日に行う法事。

遺体(いたい)

死体が一般的な表現であるのに対して、遺体は死者と特別な関係にあった遺族・知人などにとっての死体の意。

一膳飯(いちぜんめし)

故人の枕元や祭壇に供えるもの。生前に使用していた茶碗に、ご飯を山盛りにして箸を中央に立てる。

位牌(いはい)

死者の戒名を記す木製の札。仏壇に祭る。

引導(いんどう)

死者を導くこと。導師が最後の宣告をし、現世への思いを断ち切らせること。宗派ごとに作法が異なる。

盂蘭盆(うらぼん)

先祖の霊を家に迎え、供養する行事のこと。

永代供養(えいたいくよう)

故人の供養のための法要を、永久に寺院が営んでくれること。

お清め(おきよめ)

死の穢れけがれを払うという行為。死穢は伝染すると考えられ、これを払うために飲食を行った名残りで、葬儀後や通夜後の飲食を指して、関東方面で使用されることが多い。

お布施(おふせ)

僧侶(お坊さん)から頂いた、戒名や読経に対するお礼。

お斎(おとき)

葬儀や法事の後の会食のこと。

お別れの儀(おわかれのぎ)

火葬のための出棺を前にし、棺の蓋を外し、遺族らが遺体と対面し花などを入れて最後の別れのときをもつこと。

改葬(かいそう)

一度納めた遺骨を他の場所に移すこと。移動前の墓地等のある市町村から、「改葬許可証」を受け、移動先に提出する。

会葬礼状(かいそうれいじょう)

葬儀や告別式に会葬してくれた人に対して手渡す礼状のこと。

会葬返礼品(かいそうれいひん)

葬儀に会葬した人に手渡す礼品のこと。「粗供養(そくよう)」とも言う。

戒名(かいみょう)

戒を授けられ仏弟子となった者に授けられる名前。江戸時代以降、死者に戒名を授与する没後作僧(もつごさそう)が一般化した。

忌明け(きあけ)

忌中を終えること。一般に四十九日または五十日祭をもって忌明とし、遺族は日常生活に復帰する。古くは一周忌をもって忌明としたこともある。

忌中(きちゅう)

近親者が死亡した後、49日忌明けまでの間、喪に服す期間。

供花(きょうか)

神道における、神に死亡を奉告する儀式。遺族が代理人をたて、神社に死亡を報告し、それを受けて神官が行う。

供華(くげ)

仏堂などで仏前に供え荘厳(しょうごん)する花。これに由来するが葬儀で花を供えることは「供花」と書き、「きょうか」と呼び区別するのが通例。

供物(くもつ)

菓子、餅、果物等のご仏前に供える財物。

供養(くよう)

「供給資養」からきた言葉。仏・宝・僧の三宝に供え物をし、資養することから死者(の霊)に供え物をし、死者を養うという意味になった。供花、香典、供物は全て供養のためであり、葬儀や法事を行うことも、会葬者に品物を配って徳を積むのも供養として行われる。仏教の構造では、仏に供養しこれを死者に振り向けるという、回向(えこう)の形になる。

献花(けんか)

生花を捧げること。埋葬地や事故死の現場などに死を悼む行為として、広く行われているのは世界共通。日本での葬儀においての使用は、キリスト教葬儀で仏教の焼香の代わりになる告別行為として始められた。無宗教でも一般化している。

合祀(ごうし)

二柱以上の神や霊をあわせて一社にまつること。

香典(こうでん)

香に代えて故人に供える金銭や物品のこと。香典の金額は、両親や兄弟姉妹の場合約5万円~10万円、祖父母や親戚では1万円~2万円、友人・知人・仕事関係などでは 5千円~1万円くらいが一般的。

香典返し(こうでんがえし)

香典や、供物をいただいた方へのお返しのこと。香典の金額の半額~三分の一程度の品と挨拶状を添えて返すのが一般的。もともとは四十九日が過ぎてから、忌明けの報告を兼ねて挨拶状と一緒に送るものであったが、最近では「即日返し」として、葬儀の当日に渡すことも多くなっている。香典返しには、お茶・タオルセット・砂糖など、日常的に使われるものを選ぶのが一般的。

祭祀(さいし)

神や祖先を祭ること。「祭祀財産」とは墓、仏壇、神棚などのこと。遺産相続の際に控除される。「祭祀主宰者」とは墓などの祭祀財産を管理したり、葬儀の喪主を務めるなど祭祀を行う者のこと。

斎主(さいしゅ)

神式の葬儀において中心になる神官のこと。

祭壇(さいだん)

告別式用の装飾壇のこと。仏式で主として使用される上部が宮型、寺院建築風の装飾物は昔の葬列で用いた輿(柩を運ぶ道具)が変形したもの。 現在では葬儀式の法要・拝礼のための表現装置という意味があり、後者の比重が大きくなっている。。

散骨(さんこつ)

遺骨を粉状にして海や山などにまく儀礼。海洋葬や樹木葬などがこれにあたる。遺族に経済的な負担をかけたくないという考えの方が、希望することが多い傾向にある。

式辞(しきじ)

式で述べる挨拶のうち、特に主催者側を代表して行う挨拶のこと。社葬などでは、葬儀委員長が式の中心で行う挨拶のこと。

司祭(しさい)

カトリックの神父のこと。典礼を司る。

四十九日(しじゅうくにち)

仏教では命日を含め49日間を中陰と言い、死者の弔いでは、極めて重要な時期として位置づけている。 死去した日を入れて、7日ごとに法事を行う。7日目が初七日(しょなのか)、14日目が二七日(ふたなのか)、21日目が三七日(みつなのか) 28日目が四七日(よなのか)、35日目が五七日(いつなのか)、42日目が六七日(むつなのか)最後の49日目が七七日(しちしちひ)といい、満中陰(まんちゅういん)となる。この49日間を忌中(きちゅう)といい、遺族は身を慎んで死者の弔いに専念すべきとされる。

自然葬(しぜんそう)

特に葬送の自由をすすめる会が、自然との共生を掲げ行う散骨のこと。

死化粧(しにげしょう)

死後に、遺体に対し顔を整え、髭そりや口紅などで化粧を施すこと。

死装束(しにしょうぞく)

死者に着せる衣装のことで、仏式では経帷子、神式では白い小袖を着せるのが一般的。故人が生前に愛用していた衣服を着せることもある。

死に水(しにみず)

死に際、又は亡くなったばかりの死者の口に、人生最後の水をふくませる儀式。

社葬(しゃそう)

企業が主催して行う葬儀。遺族が費用を負担して行う名目的社葬もある。実質的な社葬の場合、取締役会を開き社葬とすることを議決し議事録に残す。この場合、社葬に要した費用は経費として認められる。但し、入院費、戒名に対するお布施、火葬料は個人が支払うべきものとされ、支払った場合は贈与となる。香典を企業が受け取った場合には雑収入に計上する。

収骨(しゅうこつ)

火葬後の遺骨を箸で拾い骨壷に納める儀式。骨上げとも言う。

荼毘(だび)

火葬すること。

弔辞(ちょうじ)

告別式に口頭で読まれる、故人を弔う文章のこと。

弔電(ちょうでん)

遺族に対して、お悔やみを伝える電報。

弔問(ちょうもん)

遺族を訪問し、お悔やみを述べること。

追善供養(ついぜんくよう)

死者を供養するために法事を行うこと。

通夜(つや)

遺族、親族、知人が夜を徹して死者の霊を慰めるもの。

導師(どうし)

仏教を教える指導者。また、葬儀を執り行う最上位の僧侶のこと。

灯明(とうみょう)

神仏に供える火。火を消すときは、息で吹き消さず、手や扇で扇いで消す。

土葬(どそう)

遺体を、直接土中に埋蔵する葬法。

友引(ともびき)

中国の歴法の六曜のひとつ。本来の意味は、「勝負がつかない」だが、日本では、「友を引く」という言葉のためこの日に葬儀を行うこと避ける傾向にある。

新盆(にいぼん)

死者が出た後に、最初に迎える盂蘭盆のこと。

寝棺(ねかん)

中国の歴法の六曜のひとつ。本来の意味は、「勝負がつかない」だが、日本では、「友を引く」という言葉のためこの日に葬儀を行うこと避ける傾向にある。

年忌法要(ねんきほうよう)

追善供養を行う事。 死後満一年目に行う法要を一周忌。 翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的。

納棺(のうかん)

通夜の前に遺族や親族の手で、遺体を棺に納めること。

納棺の儀(のうかんのぎ)

神道における遺体に白衣の死装束を着せ、納棺する儀式。

納骨(のうこつ)

火葬後の遺骨を納骨堂や墓に納めること。

納骨堂(のうこつどう)

遺骨を保管しておく建物。納骨殿、霊堂などとも呼ばれる。日本では通常仏教寺院の敷地内に建てられている。

野辺送り(のべおくり)

死体を火葬場や埋葬場所まで、葬列を組んで見送る風習のこと。

拝礼(はいれい)

二礼・二柏手・一礼の順で行う。柏手を打つ時は音を立てないようする。

彼岸(ひがん)

春分、秋分の日の前後3日ずつの7日間のこと。

棺(ひつぎ)

遺体をおさめて葬る木製の箱。

柩(ひつぎ)

棺に遺体が収まった状態をのこと。

布施(ふせ)

僧侶への謝礼。

分骨(ぶんこつ)

遺骨の一部をお墓とは別に分けて納骨すること。

返礼品(へんれいひん)

葬儀にかかわった方々に振る舞う品物。通夜返礼品、会葬返礼品、香典返しなどがある。

法名(ほうみょう)

浄土真宗における戒名のこと。

菩提寺(ぼだいじ)

先祖代々の位牌やお墓がある寺。

本葬(ほんそう)

先に近親者だけで密葬を行い、後に本葬として「社葬」など、正式な葬儀を行うこと。

盆(ぼん)

先祖の霊を家に迎え、供養する行事のこと。

彩郷葬祭株式会社

葬儀は家族の絆を改めて感じる大切な時間です。 彩郷葬祭では絆を何よりも大切だと考えお手伝いさせて頂いております。

葬儀に関することならどんな小さな事でもご相談下さい。

私たち彩郷葬祭は、みなさまの不安や心配に丁寧にお答えします。 お葬式に対して少しでも心配なことがあればご相談下さい。 葬儀についてのご相談を頂いてもこちらから営業を行うことはありません。

123

ご葬儀の費用に関して

葬儀にはいったいいくら費用がかかるのか?彩郷葬祭では、プランごとの葬儀費用を明確にお伝えしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。また、当ホームページでも自動お見積が行えますのでご利用下さい。

ご葬儀の費用に関してはこちら
ご葬儀の費用に関して

さまざまな葬儀をお手伝いさせて頂きます。どんなことでもご相談下さい。フリーダイヤル0120-76-1194

葬儀費用・簡単見積り

葬儀費用の簡単な見積りを

ご自身で作成することができます。

お見積り
葬儀・仏事〜よくあるご質問〜

ご葬儀の流れ、必要な準備、

その後の事などお客様から

寄せられる疑問を解決。

ご質問
葬儀式場

掲載されていない葬儀式場をご希望の場合でもお気軽にお問合せ下さい。

葬儀対応地域
葬儀対応地域

川口市を中心に、関東全域のご葬儀に対応いたします。お気軽にお問合せ下さい。

お葬式の基礎知識
葬儀・仏事〜用語辞典〜

知っておきたい、

葬儀、仏事に関する用語辞典。

葬儀、仏事用語辞典
葬儀・仏事のマナー

知っているようで知らない

葬儀、仏事のマナー。

葬儀・仏事のマナー
〜豆知識〜葬儀の歴史

人類最古の葬儀跡、世界の火葬率など、

以外と知らない豆知識。

〜豆知識〜葬儀の歴史
川口市の市民葬

市民葬って何?

川口市の市民葬について

ご案内します。

ご質問
携帯サイト
123
会社案内

彩郷葬祭株式会社

埼玉県川口市戸塚鋏町23-3

電話:0120-76-1194

会社案内

ページトップへ